狭小二世帯住宅の15坪や20坪間取りなら

狭小二世帯住宅の15坪や20坪間取りなら の トップページへ戻る















メルマガ会員募集中



狭小二世帯住宅,間取り,施工例,東京都,工務店

⇒渡辺社長のいい家日記

祖父母との同居は子供の教育にいい影響を与えます

二世帯住宅

とある二世帯住宅居住者を集めた座談会で、「二世帯住宅にしてよかったこと」を聞いたところ、「子供の教育にとても良かった」との意見が沢山出されたそうです。

そういえば、ある保育園に通うお子さんをお持ちのお母さんは、「おじいちゃん、おばあちゃんという、パパ、ママ以外の大人が一緒に住んでいるのは息子にとって良かった。ママに怒られて納得がいかない時でも、おじいちゃん、おばあちゃんに受け止めてもらって落ち着きを取り戻している」と語っていました。

また、小さなころから祖父母と一緒に過ごすことで、高齢者に対するおもいやりが自然と育ちます
小さな子供であっても、おじいちゃん、おばあちゃんを見ていて、高齢になると重いものを持つのが大変になることや疲れやすくなることをちゃんと理解します。
その結果、自分の祖父母だけでなく、周りの高齢者や困っていそうな人に自然と手を貸せるようになる子が多いそうです。

また、お母さんには反発しても、おばあちゃんには相談しているという中学生の息子さんを持つお母さんもいらっしゃいました。
身近な大人が両親しかいないと、2人の意見しか聞けませんが、おじいちゃんおばあちゃんという、世代の異なる大人が身近にいれば、両親からは聞けない意見を聞くことができて視野も広がるでしょう。




二世帯同居の落とし穴
二世帯住宅

そんな、お子様の成長にはいいことづくめに聞こえる二世帯同居ですが、こんな落とし穴もありました・・・。

それは、おじいちゃんおばあちゃんがおもちゃ・お菓子・お小遣いを与えすぎてしまうことです!

誰でも、可愛い孫につい甘くなってしまうのは仕方ありませんが、歯磨きを徹底する、同居前にどうしても甘いものは与えてほしくないことを伝えておくなど、対策を立てておいた方がいいかもしれませんね。




お互いの存在を感じながらも、適度な距離を保てる完全分離型二世帯住宅

二世帯住宅には、「完全同居型」「部分分離型」「完全分離型」と3つのタイプがありますが、
その中でもっともストレスを感じることなく生活できるのは「完全分離型」でしょう。

共用スペースが一切なく、玄関から水まわりまで全ての設備が2つずつあり、同居というよりは、お隣さん同士で暮らしているかのようなスタイルです。

仕事の関係で帰宅が夜遅くなる方などは、玄関が共有だとやはり物音などに気を使ってしまいますよね。
また、例えば、お子様の教育方針について、一緒にいる時間が長いほど親世帯・子世帯の価値観が混在し、決めたルールが曖昧になってしまったり、思わず口出ししてしまったりとトラブルが起こりやすくなりがちです。

完全分離であれば、すぐ隣にお互いの存在を感じながら、簡単に行き来することができ、なおかつ生活スタイルや考え方の違いなどからくるストレスを軽減してくれます。

「完全分離型は魅力的だけど、狭小地に完全分離は無理」とお考えの方、あきらめる前に一度、渡辺ハウジングに相談してみませんか?

狭小二世帯住宅なら渡辺ハウジングにお任せください。




お問い合わせ

小冊子無料プレゼント 緊急レポート