狭小二世帯住宅の15坪や20坪間取りなら

狭小二世帯住宅の15坪や20坪間取りなら の トップページへ戻る















メルマガ会員募集中



狭小二世帯住宅,間取り,施工例,東京都,工務店

⇒渡辺社長のいい家日記

二世帯住宅の間取り、メリット・デメリットとは?

東日本大震災以降、人と人とのつながり、特に家族とのつながりを大事に暮らしたい、との声が多く聞かれるようになりました。共働きの夫婦も増えている今、二世帯住宅をお考えの方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、生活スタイルの違いは、千差万別。
二世帯住宅にはどんな種類があるのか、それにはどんなメリット・デメリットがあるのかを見てみましょう。



① 完全同居型 二世帯住宅

寝室などはそれぞれ用意していますが、リビングやキッチンなどの水まわりや玄関は共用の、二世帯がひと家族として暮らすタイプです。

メリット
・新築、リフォームとも、費用が一番安く抑えられる。
・親世帯と子世帯がいつも一緒な為、家事や子育て、介護等、助けあいやすい。
・お孫さんの情操教育に有効。

デメリット
・親世帯・子世帯の関係や生活リズムによって、生活しづらくなる場合がある。
・ローンや各種の税が一世帯分にまとまってしまう




② 部分分離型 二世帯住宅

玄関は共用だけどキッチンは別等、共用する部分もあるものの、こだわる部分については分ける、といったスタイルです。
二世帯住宅と聞いて、今、一番最初に思いつくタイプではないでしょうか。

メリット
・ある程度、適度な距離感で暮らすことができる。
・家の作り方によっては、ローンや各種の税が各々の世帯で負担できる。

デメリット
・親世帯・子世帯の関係や生活リズムにより、生活しづらくなる可能性がある。
・ローンや各種の税が一世帯分にまとまってしまう。



狭小二世帯住宅なら渡辺ハウジングにお任せください。



③ 完全分離型 二世帯住宅

共用スペースが一切なく、玄関から水まわりまで全ての設備が2つずつあり、同居というより、お隣さん同志で暮らすかのようなスタイルです。

メリット
・親世帯・子世帯それぞれにあわせたプランで建築することができる。
・世帯ごとのプライバシーが保てる。
・子世帯の転勤など、二世帯同居を解消する場合に、片方を賃貸物件とするといった、将来の汎用性が高い。

デメリット
・2棟分とまではいかないものの、それにちかい建築費用がかかる。
・水道・光熱費もそれぞれに費用がかかる。



狭小二世帯住宅なら渡辺ハウジングにお任せください。




お問い合わせ

小冊子無料プレゼント 緊急レポート