狭小二世帯住宅の15坪や20坪間取りなら

狭小二世帯住宅の15坪や20坪間取りなら の トップページへ戻る















メルマガ会員募集中



狭小二世帯住宅,間取り,施工例,東京都,工務店

⇒渡辺社長のいい家日記
二世帯住宅施工例一覧完全分離型 二世帯住宅について

二世帯住宅を考える時に、皆さまが最初に悩まれるのは
「どういうプランで二世帯住宅を建てようか?」という所ではないでしょうか?


玄関やキッチン、水回りも完全に分離する。
長期的には賃貸併用住宅も視野に入れながら…。と言ったように悩みは尽きませんね。

最近、渡辺ハウジングでも二世帯住宅について、HPのお問い合わせやお客さまのご相談が増えてきています。
特に目立つのが「完全分離型の二世帯住宅」についてです。

今回はこの「完全分離型二世帯住宅」についてのお話をご紹介させていただきます。


そもそも完全分離型二世帯住宅ってなんだろう?

「完全分離型」の二世帯住宅とは、
1棟の建物として建築をするものの、玄関を二か所に設置し、内部も完全に分離した、それぞれが独立している住まいを指します。

考え方としては、アパートで2つの家族がお住まいになっているところをご想像頂けるとわかりやすいかもしれません。

「完全分離型二世帯住宅」の最大のメリットは各世帯のプライバシーが確保できるところにあります。
ですが、設備が全て2ヶ所必要になってくるわけですから、費用的に高くなってしまいがちな側面はあるでしょう。

「自分たちにはどんな二世帯住宅が合っているのか?」について考えることがとても大切になってきます。


自分達が住みたい二世帯住宅というのが、完全分離型なのか、一部共有タイプなのか、
完全同居型なのか、具体的にイメージしてみることをおすすめします。



どんな二世帯住宅を建てたいですか?

二世帯住宅をご検討されている理由は
親世帯の旦那さま、奥さま、子世帯の旦那さま、奥さまなど、
それぞれの立ち位置が違えば様々な事情があるはずです。


「なぜ二世帯住宅を建てたいのか?」の答えがそれぞれ違うということは、それぞれの想像している二世帯住宅の住まい方が異なるということです。二世帯住宅の住まい方については大きく分けて3つの要因があり、それによってある程度の傾向があることがわかります。

実際に皆さんがどのような形で二世帯住宅を考えているのかを確認しながら、
自分達に最も合いそうな住まい方を見つけてみましょう!

 渡辺ハウジングの施工例はこちら
 → キッチン・洗面所・お風呂分離型の二世帯住宅



二世帯住宅のプランを決める3つの要因

1.息子夫婦、娘夫婦との二世帯住宅

一般的に、息子夫婦との二世帯住宅は分離型を選ぶ傾向にあると言われています。
異なるご家庭の女性お二人の場合には、やはり奥様の聖域である
キッチンについても完全に分離しておいた方が良いようです。
逆に、娘夫婦との同居の場合には共有型を選ぶケースが多いようです。
母子同士なので気兼ねなくご飯を食べたり出来そうですよね。


2. 子世帯が共働きなのか、専業主婦なのか?

子世帯の奥様が働いていらっしゃるか、専業主婦なのかによっても変わってきます。
専業主婦の場合は必然的に家にいる時間も増えるため、
やはり気を使われる事も多いのか完全に分離した方が良いという方が多くいらっしゃいます。
共働き夫婦の場合には、親世帯のご夫婦にお子様を見てもらったり、家事を手伝ってもらったりと、
親世帯の手を借りたいという考えがあり、部分分離や共有型を選ぶ傾向にあるようです。


3. ご両親様との同居か、お父様だけ、またはお母様だけの同居か?

ご両親様と同居の場合には、各世帯のプライバシーを尊重したいという意味でも、分離の傾向が強いようです。
そして、お父様だけ、またはお母様だけといったケースは、共有になる事が多いと言われています。



上記のお話しは一般的によくあるケースをまとめたものですが、
不思議とそれぞれのオンリーワンの二世帯住宅がおぼろげにも見えて来るような気がしませんか?

渡辺ハウジングでは、親世帯、子世帯、それぞれの世帯に無理が無く楽しく暮らし続けられるように、
精いっぱいお手伝いをさせて頂きたいと考えております。




お問い合わせ

小冊子無料プレゼント 緊急レポート